妻を教育できる人?できない人?

Hiroyuki自身がこの記事を読み終わるまでにかかった時間は約3分50秒です。

スポンサードリンク


もうかれこれ2年が過ぎるだろうか

自分自身で朝食と弁当を作るようになったのは、、、

我が家は、正真正銘「かかあ天下」だ。

 

新たな職場に移り、親方(職人)と一緒の時間が過ごすこと多くなってきた。

この親方は仕事中は鬼のように厳しい。

42歳からの滅私奉公

しかし、休憩中は人が変わったような雰囲気をだし、世間話をしたがる。

 

その親方が飯時に、こんな話をしてきた。

 

親方:「毎朝、弁当作ってくれる奥さんに感謝しねーとなっ!」

僕:「あっ、はー。 でも、これ自分が作ってる弁当ですけどね」

親方:「んなにっ!まじでが? なんで? お前、独身なのか?」

僕;「いやいや結婚して15年ほどたちますけど」

親方:「なんで奥さん作ってくれない?」

 

なんて話から始まり、妻とはなんぞやという話題に繋がっていくのだが、、、

 

 

 

僕の理想亭主関白

その親方曰く!

「妻は教育しなければならない!」

 

僕:「ん?はぁ、親方は奥さんが寝坊して弁当作れなかったことないんですか?」

 

親方:「ある!その時、うちの家内は1000円よこしてよぉ、《これで弁当買って》ときたもんだ」

僕:「いいじゃないですか!」

親方:「バカ野郎!冗談じゃねぇっ!コンビニの弁当なんぞ恥ずかしくて食えるわけがねぇ!」

僕:「そんなもんですかね」

親方:「俺なんか、家内に1000円で弁当買ってと言われたら、会社休む!って言ってんだよ。

そしたら慌てて、隣の家に行ってご飯借りてきてでも弁当作るもんなぁ!ハッツハハハァ!」

僕:「マジすか?うらやましい」

親方:「そうやってな、奥さんを教育してこないお前がだめなんだよ!」

 

みたいな話が続いていくのである。

明らかに違う「かかあ天下」の種類

僕も含めて、亭主関白に憧れる輩は少なくはないだろう

 

結婚当初はこんなことに憧れを持っていた。

帰宅したら、風呂の準備もできて、テーブルに座ったらビールがオートマティックに

でてきてしまう。こんなスタイルに憧れた。

 

しかし、現実はそんな姿からは遠くかけ離れた状態にある。

そう妻の教育は教育でも、僕自身が鬼嫁へと教育してきたのである。

 

原因をあげたらキリがないが、大半はお金と道理に反する行動の積み重ねが

今の状態を作ってしまったと後悔は大いにしている。

おそらく普通の奥さんなら、とっくに離婚になっていたはずだ。

 

そんなかかあ天下の我が家ではあるが、我が家のかかあ天下はちょっと種類が

違うような気がしている。

 

世間では、「奥さんが強いほうが家庭は上手くいく」なんて言われることは

少なくない。

ネットで調べてみても、こんな記事さえトップにあがってくる。

かかあ天下で夫婦円満!女性優位でうまくいく、その理由とは?

 

しかし、ここに書いてるまとめにいいことが書いてあって

表面上はかかあ天下でも、最終的には旦那をたてる!ことが家庭がうまく運ぶと

書いてあった。

 

たしかに、その通りだ。

 

でもウチは?

120%妻主導

旦那をたてる?あり得ない!

 

そんな状況である。

全ては自分自身が蒔いた種だとわかっている。

けど、すべて懺悔と後悔で毎日を暮らしていくのは結構ツライ。

何のために仕事してるのか?生きてるのか?

迷っているのが正直なところだ。

 

そんな僕が、どうやって「かか天下」を作ってしまったかを

僕を反面教師として、参考にしてみるのもいいかもしれない。

 

超簡単1年でできる。「真かかあ天下」の作り方

きっと、こんな行動が妻の不満を積み重ねただろうリスト

  • ギャンブルにはまりお金の管理ができない
  • 趣味にはまり、産後の育児に協力しない時があった。
  • 勝手に商売をはじめて、借金を作った。
  • 家庭をないがしろにして、商売に没頭した。
  • 妻に相談しないで転職
  • などなど

 

大きな所でこんな所だが、結局これにまつわる自分勝手な行動が

嘘と逃げを引き起こし、それが大なり小なりの山となって

真かかあ天下を作りだした。

 

だから、本当の理想は亭主関白だけど、書いてる自分でも

ほとほと、情けなくなってきた。

 

一方で、亭主関白な家庭を築いてる親方は

仕事をしている姿勢をみるだけで、奥さんもこの人を尊敬してるだろうなと

思えてくる。

 

それを考えると、僕は仕事の面でも、頼りない部分がまわりに見られてしまってるという

ことに繋がってしまう。

 

もう43歳になり、今更と思われかもしれないが

今の親方からは、亭主関白意外にも学べることが沢山ある。

こっから挽回できるかどうかはわからないけど、せめて子供達が幸せに暮らせるように

信頼を回復していきたいと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第57話 また浮気するよ

かかあ天下で夫婦円満!女性優位でうまくいく、その理由とは?


スポンサードリンク

ヒトゴトの他のブロガー

スポンサ-ドリンク